東京都指定 文化財・天然記念物

大久野のフジ

大久野のフジ(天然記念物)

昭和31年指定  花は5月の連休前後が見頃

推定樹齢は400年以上、根回りは3m。アラカシと杉に巻付き多くの大蛇がとぐろを巻いているように伸びており、周囲には多数の蔓が伸び上がり、野生の藤としては都内有数のものです。藤棚はなく、花は園内の見晴台から見下ろすように観賞します。大久野のフジ根回り

大久野のフジ西福寺大正保育園脇のフジ

平井の閻魔さま(有形文化財)

昭和35年指定

保泉院の境内にある閻魔堂に安置されており、室町中期に仏師了戒によって造られたといわれています。像の高さは89cmあり、ヒノキの寄木造で、豪快な鎌倉期彫刻の特徴をよくあらわしています。平成18年に大掛かりな修理が行われ造像当時の姿に復元されました。
保泉院の閻魔大王座像

閻魔王と侍者の倶生神像保泉院山門

水口の双盤念仏(無形民俗文化財)

平成3年指定  8月17日に近い日曜日17時頃~

 西徳寺の双盤念仏は地元では「鉦張り念仏」と呼ばれ、平安時代以来の引声念仏の流れを汲むもので、鉦と太鼓を大音量で打ち鳴らしながら、独特の節をつけて念仏を唱える仏教行事です。

LinkIcon詳しくはこちらへ
鉦張り念仏

鉦張り念仏お囃子と踊り