9月のお祭り

ツルニンジン(日の出町谷ノ入)

白山神社祭礼

毎年9月中頃の日曜日   神事は10時頃~  浦安の舞は神事後に奉奏されます

加賀国の白山比咩神社を総本社とし、約1200年前に創建したと伝えられ、本殿は嘉永3年(1850)に建て直された総ケヤキ造りで、ケヤキの年輪がきれいな模様に現れて見事です。
浦安の舞は、昭和15年に皇紀2600年を記念し全国の神社で行われた奉祝臨時祭で舞う神楽舞として考案されました。題名の浦安とは、心中の平穏をあらわし、国の平穏無事を祈る舞とされています。                                        
浦安の舞

白山神社拝殿御神輿が神社を回る

平井のお祭り

9月末の土曜日(宵祭)日曜日(本祭)   

春日神社と八幡神社の例大祭にあわせ平井地域全体で神輿、山車、鳳凰の舞が一緒におこなわれる盛大な祭り。山車5基が町内を巡行し競い合いをおこなう、なかでも両日の夜7時30分過ぎ頃からの全山車が揃う宿通りでの競合いが圧巻です。また、国指定重要無形民俗文化財「下平井の鳳凰の舞」は全国的にもあまり類例がない貴重な民俗芸能で、数カ所の庭場で舞います。特に本祭り夜6時頃から春日神社での舞が雰囲気が素晴らしいと評判です。   LinkIcon鳳凰の舞詳細
5基の山車の競合い暗くなる頃からの時間帯が祭りで一番の賑わいになります

鳳凰の舞の道行奴の舞の口上夜の奴の舞鳳凰の舞鳳凰の舞夜の鳳凰の舞春日神社の神輿山車の競合いお祭りエリアマップ( PDF)