国指定 文化財・天然記念物

下平井の鳳凰の舞

幸神神社のシダレアカシデ(天然記念物)

幸神神社の参道にあり、昭和17年に指定

 樹齢700年以上といわれ、アカシデ(ソロノキ)の変種でシダレ状に枝を垂れます。その姿は根元から屈曲し、大小の枝は螺旋状によじれながら垂れていて、全体の形は盆栽のように優美な樹形をしています。普通のアカシデに呼び接ぎ木でのみ増殖できるといわれます。(樹高約4.5m)                           
シダレアカシデ

4月初旬5月中旬

下平井の鳳凰の舞(重要無形民俗文化財)

平井のお祭りの日に春日神社奉納演技と庭場で演技  平成18年に指定

 江戸風の「奴の舞」と上方風の「鳳凰の舞」の二庭せで構成されています。全国的にもあまり類例がない貴重な民俗芸能で、はっきりした伝承由来の文献もなく、雨乞いや悪疫退散の舞として奉納されています。「奴の舞」は15人程の小学生達が白扇と木刀を持ち、お囃子にのって舞ながら、大太鼓を中心に円陣をつくり、一人ずつ「えっへんではじまる台詞を述べていきます。「鳳凰の舞」は冠を被った鳳凰役5人と赤い頭巾を被った5人の総勢10人が、軍配を持ったりーだーの掛け声に合わせ、大太鼓の周りを勇壮に舞います。 春日神社には本祭りの日の昼と夜に奉納されます。LinkIcon平井のお祭り詳細

 鳳凰の舞は昼も素晴らしいが、夜の舞はまったく違う雰囲気に変わる
鳳凰の舞
道行奴の舞奴の舞 口上鳳凰の舞奴の舞お祭りエリアマップ