ひので野鳥の森自然公園

気持ちいい雑木はやし

 日の出町の東部平井・川北地区にある、約100㏊の里山です。町が所有し、未来につながる豊かな里山として保全と活用の公園基本構想をまとめ、具体策を策定し活用を目指しています。散策路は整備され里山歩きには最適で、季節ごとの草花、天気の良い日には日の出山・奥多摩の山々、横浜方面の展望も楽しめます。
知る人だけが知る豊かで手つかず感のある昔懐かしい山歩き散歩が楽しめます

山登りはすべて自己責任でお願いします

ひので野鳥の森自然公園

自然豊かな里山の散策、散策コースは自由に
奥多摩の山々(大岳山~鍋割山~甲籠山・奥の院~御岳山~日の出山)

入山案内(散策マップ参照)

・ 中平井バス停からは千石橋を渡り直進して、道標17から宮本古道へ、初めは急ですが、尾根にでると土橋が架かった、多くの人々が通った緩やかな尾根道で、奥多摩の山々が望めます。
・ 千石橋を渡りすぐの道を右へ(両側畑の道)、突き当たりを左に進み坂を登ると東光院の参道にでます。東光院の階段手前を左に進むと道標24に、尾根道、沢添えの道など選べます。
・ 東光院をお参りして、九十九折りの急坂を上り、妙見宮では百済式の極彩色の建物と平井ッ原・丹沢方面の展望を楽しみ、その先は静かな緩やかな尾根道です。
・ 尾崎バス停からは東平井橋を北へ進み、道標1から沢添えの道に、スミレ・ジュウニヒトエなど楽しめます。沢の最上部はこの山の特徴の形・扇状に丸く広がっています。尾根道の東側は西多摩霊園です。木々の間から都心・スカイツリーが望めます。少し先では富士山もちょっとだけ出会います。
・ 東平井橋を北へ進み、道なりに西へ進み、谷ノ入会館を通って道標3に、谷ノ入古道です。以前は谷津田や椎茸など作っていました。そのまま沢添えの道を進むと道標13で宮本古道と合流します。菅生峠を超えて満地峠、友田の渡しで羽村。二ッ塚峠、調布の渡しで青梅と往来していました。
散策マップ(PDFで開きます)アクセスマップ登山口のポスト(地図あり)尾根道奥多摩方面展望管理棟(トイレ)ニオイタチツボスミレなどジュウニヒトエ、キランソウ、シュンラン、ヤマルリソウヤマユリ、ツルニンジン、ヤマホジノトトギス、ヤブラン群生
   山野草などの生きものはその場所でこそ活き活きしています。  採取厳禁

よくガイドする主なコース

・全体像を知るために
道標1~(多様な植生)~2~(尾根の雑木林)~4~(富士山・都心の展望)~6~7~(ヤブラン群生)~31~3に向かって中程まで(谷津田の跡・馬頭観音像など)~戻り沢沿いを上流へ~(動物のヌタバ)~13~(横浜方面の展望)~14~猿取山~(奥多摩の好展望地)~16~24
・短めに楽しむために 
道標24~(登りが緩い沢沿いの道)~16~(奥多摩の好展望)~14~猿取山~27~(尾根道)~妙見宮(百済式の極彩色の建物と平井ッ原・丹沢方面の好展望)~東光院
・里山を味わうために
道標3~(好景観、谷津田跡、馬頭観音石仏)~29~(雑木林の緩斜面)~27~(尾根道)~妙見宮(百済式の極彩色の建物と平井ッ原・丹沢方面の好展望)~東光院
・お客さまのために
 目的、季節、天候、参加者数などからご相談の上、最適のコースを作成ご案内いたします

お住まいの方々との出会い

森の妖精キノコ達も遊んでいます(キノコ写真入口
里山の花々たちも暮らしています(山野草写真入口