鎌倉街道(坊平~長井)

日本和紙造形研究所 ひので和紙工房

鎌倉街道の道(西福寺~日の出山荘)

                                   歩行距離約4.0㎞
 秩父方面から松ノ木峠を越え、杣保氷川郷の柚木で多摩川を渡り、鎌倉へ向かうと伝えられる鎌倉街道は、梅ヶ谷峠を越えて、長井・水口の谷を通るといわれている。

  各所の案内はマップの下にあります                   (日の出町史より)

武蔵五日市駅発⇔福生駅行きバスで「萱窪」又は「羽生」で下車

西福寺    八王子城の祈願所とし栄え、子授かりの祈祷などの加持祈祷も伝わっています
       1月第3日曜日には初不動護摩供と火生三昧供(火渡り荒修行)が行われます

大久野フジ  都天然記念物指定 推定樹齢400年 幹周り3m 樹高27mの野生の藤 

西福寺前の道を北に向かう 大久野いきいきセンター前で右の小道を下る(鎌倉街道)

うまいもの館 こだわりの手作りくんせいチーズを始め、大多摩地区のおいしい品々の販売

西徳寺    鉦と太鼓を打ち鳴らしながら独特の節をつけて念仏を唱える「鉦張り念仏
       北条氏照や大久保長安が所望しても動かすことが出来なかった「獅子岩」
       本堂の火災の時に右腕を火傷したご本尊様を無事に裏山へ救い出した「腰掛け石」

石仏(塔)群  日の出町で一番大きい全長3㍍余り寒念仏供養塔や一番古い青面金剛像庚申塔など

倶利伽羅不動 修験道の行場の本尊や水神として滝口や清水の湧出る場所に祀られることが多い

白倉石    国会議事堂の事務総長室の暖炉、議院食堂ヒーター廻りに使われています(青梅石)
       白倉石採掘跡は山中にあり登山路はありません ガイドと一緒をおすすめします

ひので和紙  日本和紙造形研究所 熟練した技術を必要とする伝統的な紙すきの手法とは大きく
       違い、簀やタオルなどにコウゾの繊維を流し込む手法で 新しく簡単で奥深く多様
       な紙すき手法で、染色したコウゾの繊維を流し込めば絵を描くこともできます

山神社    この山に流星(月星石)が落ちたことに信託を受け建立されたと伝えられます

不動の滝   流れる水は眼の病気によく効くと言われ、遠くから訪ねる人も多かったそうです

太陽の家   障害者支援施設で 地域交流事業として日の出陶房で陶芸教室が開かれています
       明治14年に3年ががりで建築された総漆塗りで建てられた屋敷があります
       毎年5月4日には地域・ボランティアの協力を得て「花咲まつり」が行われます

日の出山荘  昭和58年に中曽根総理は レーガン米国大統領夫妻を招き日米首脳会談行いました
       心を整理や考えを纏める場所で、重要な会議・会談の前には過ごされたそうです